家に住みつくコウモリ退治

夕暮れ時に住宅の周辺をヒラヒラ飛び回り、蚊やハエなどの害虫を食べてくれるコウモリですが、家に侵入されて住みつかれてしまうと面倒です。



コウモリの体についているダニやノミ、糞には細菌が繁殖するため乾燥した糞が飛び散ると感染症の危険もあるのです。



コウモリは鳥獣保護法の対象の動物なので、捕獲して殺すことはできません。


コウモリ退治は家から追い払い、再び戻ってこないように侵入経路を塞いでしまうのです。コウモリに家に侵入された場合は、まず侵入経路を確認します。



体が小さいコウモリは、わずかなすき間からでも家に入りこみます。

通風口や換気口、エアコンの配管パイプのすき間、屋根のすき間、雨戸の戸袋も好んで入りこんできます。侵入経路が分からなかったり、自力で上れないような高い位置にある場合には、コウモリ退治の専門業者に依頼することも選択肢の1つとして考えましょう。

一時的に追い出せたとしても、侵入口が塞げないと居心地が良いすみかを求めてコウモリが戻ってきてしまうのです。

コウモリは夜行性なのでコウモリ退治は、コウモリが巣から出て行く夕暮れから夜間に行うのが効率的とされています。臭いに敏感なコウモリが嫌うハッカの臭いの忌避スプレーや、くん煙剤などを使って巣から追い出します。
全てのコウモリが出て行ったのを確認して糞や巣の掃除をして、侵入経路を塞いでしまうのです。


換気口などは目が細かいパンチングメタルなどでカバー、細かいすき間はパテなどで埋めてしまいましょう。
スプレーやくん煙剤は臭いの効果が数時間で消えてしまうので、再び戻ってくるコウモリ退治用に、固形タイプの忌避剤を侵入口付近や巣があった場所に置いておくのも良いでしょう。

top